氷の彫刻

八王子 氷の彫刻 ペガサス 祭

5月17日

まだ5月ですが、この日の気温は28度。

まるで夏のような陽気です(;´▽`A“

そんな中、八王子の駅前銀座通りでは、

氷彫刻のコンテストがやっていました!

氷を削る職人さん

氷を巧みに削っていく職人さんの技に目を奪われていると、

見ていてとても涼しくなりました(*´ο`*)

八王子 氷の彫刻 いるか八王子 氷の彫刻 白鳥

いるかの彫刻や白鳥の彫刻といった目を奪われる美しい彫刻や、

八王子 氷の彫刻 つみだされたやんちゃなタマ

人間がやんちゃな猫をつまみだす様子を形にしたユニークな作品もあり、

とっても楽しかったです!

らん丸

今日は何の日?

今日、4月26日は『4(よい)2(ふ)6(ろ)の日』です。

 

よいお風呂にはお湯の温度が大切で、

一日の疲れを取りリラックスしたいときは、

38~40℃位のぬるめのお湯に20分程つかると効果的とされています。

副交感神経が働き、心と体をリラックスさせる効果があるそうです。

 

40℃より高い熱めのお湯は交感神経を刺激し、

神経が覚醒するので、気分転換したいときには熱めのお湯が効果的だそうです。

 

朝は熱めのお湯、寝る前はぬるめのお湯といった感じに、

湯温を調整するとよりお風呂が楽しめそうですね!

よい風呂の日

ど根性桜が

ど根性桜 その2
「なんか、桜の木の幹にくっついてる」
ど根性桜 その1
「近づいてよーくみてみると」
ど根性桜 その3
「あれっ、桜の花だ!! 幹から直接」
ど根性桜 その4
「すごく、きれいでかわいいど根性桜だ!」

春をみ〜つけた

オオイヌノフグリ

ぽかぽか陽気に誘われてふわふわの草の上をお散歩

ちっちゃな、ちっちゃなお花をみ〜つけた!

春の空色のようなきれいな色の可愛いお花

オオイヌノフグリという名前のお花だけど

別名、瑠璃唐草、天人唐草、星の瞳 とも呼ばれているんだって。

私もこのお花に「春の空色草」って名前つけちゃおうかな?

春の陽気に誘われて

皆様、こんにちは。

3月も半ばを過ぎ、少しずつ春の陽気を感じる季節になりました。

桜の開花もあとわずかでしょうか… ?

そんな春の陽気に合わせて、先日の週末に車の洗車をしてみました。

 

カーシャンプーで少し無心になって磨いていく……

ゴシゴシゴシ……

sensya_man

穏やかな気持ちで磨いていくと……

次第に日頃お世話になった感謝の気持ち…

愛着が湧いてくる……

 

そのような気持ちと、春の陽気を感じながら作業をしていると、次第に砂埃でくすんだ車のボディが綺麗になっていきました。

 

作業を終えて輝きを取り戻した車を眺めていると、「結構綺麗になったなぁ」と小さな達成感が湧いてきました。

(´ ▽`).。o♪♪ ふぅ〜ッ、すっきり♪

たまには逆の方向へ

こんにちは。

映画が好きなこぶしですが、たまに無性に観たくなるのがジブリ映画です。

中でも好きなのは「魔女の宅急便」。

主人公の少女キキが、一人前の魔女になるために単身修行の旅に出るという、あの有名なお話です。

こぶしが気に入っているのは、
キキが箒で空を飛べなくなってから、友人の絵描きの女性と話をするシーン。

その友人はスランプになると、
絵を描いて、描いて、描きまくって、それでも描けなければ、描くのをやめる、とキキに話します。

そうすると、また描きたくなる時が来るのだと。

映画は、観る年齢によって感じ方が変化するというのは良く知られています。

子どもの頃には特に気にもとめなかったこのシーン。

今観るとジーンとなってしまうのは、
それなりにこぶしもオトナになったからなのかな・・・としみじみ。

何か困難や挫折にぶち当たった時は、とりあえずやれるところまでやってみて、やめてみる。

つまり、逆の方向に進んでみることが、
意外と前に進む近道だったりするのかもしれませんね。

岐路

星空のこと

星空2

はじめまして、チャコと申します。

今回は星空のお話です。

冬は、空気が澄んでいるため、星がきれいに見えるというのは、
皆さんも聞いたことがあると思います。

それに加え、私の住んでいるところは街の明かりが少ないため(田舎だからともいいます)、
それ以上によく見えるのです。

ところで、星の光というのは、何億光年も先から届いているものというのはご存知ですか?

私たちが今見ている光は、ずっとずっと昔に発せられたものなのです。

もしかしたら、当の星自体はすでに消滅しているものもあるのかも…。

そう考えながら、長い時間をかけて地球に届いた光を見ると、
なんだかすてきなプレゼントのように思えませんか?

この季節、時折夜空を見上げてみて、遠い宇宙に思いをはせてみてはいかがでしょう。

 

チャコ

こんにちは。らん丸です。

昨日は八王子でも雪が降りました。

雪が降るのを見ていて、ふと雪の数え方ってなんだろう?と、思い調べてみました。

 

雪は片(ひら)と数えるそうです。

『片』は花びらや紙吹雪などの薄く平らで、宙を舞うほどの小さいものを数える語で、

一片の雪、二片の雪と数えます。

 

日本語は難しいけど、色々な表現方法があって、なんか良いなぁと思いました。

40870299_480x299[1]

十二支にどうして猫はいないの?

十二支

はじめまして、こんにちは!
八王子メンタルクリニックスタッフのタンタンと申します!

今年はひつじ年ですね☆

私は猫好きなのですが、子どもの頃に、
「十二支の動物には犬がいるのに、なんで猫がいないんだろう?」
と思って調べたことがありました。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、
十二支の決定にはおもしろい言い伝えが残されています。

そのことについて書いてみようと思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

むかしむかし、神様が干支の順番を決めるため、
「元日の朝に挨拶に来たものから順に12番目までを干支にする」
と動物たちにおふれを出しました。

「歩くのが遅いから」と牛は前日から出発。
鼠はそんな牛の背中に乗り、ゴール直前でぴょんと飛び降りて1位でゴール。
牛は泣く泣く2位。

続いて、虎、兎、竜、蛇、馬、羊、猿、鳥、犬、猪とゴールして、十二支が決まりました。

そして猫はというと、、、
鼠にわざと1日遅れの日程を伝えられたため、
翌日にゴールし、神様からは「顔を洗って出直してこい」と言われてしまいました。

それ依頼、猫は顔を洗うような仕草をするようになり、
また鼠を恨んで追いかけ回るようになったのだそうです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

猫がかわいそうすぎるような気がしますが、
実際の猫の仕草や、猫と鼠の関係を思い浮かべると納得してしまいませんか?

今日は八王子でもたくさん雪が降っています。
よく、猫が顔を洗うと次の日は雨が降るといいますが、雪の日の前日はどうなのでしょうか?

皆さま、お足下にはくれぐれもお気をつけてくださいね!

タンタン

引っ越しのススメ

みなさん、はじめまして。

こぶしと申します!

 

私事ですが、最近引越しました。

古くなった家電を買い替えたり、カーテンを新調したり。

労力やお金はかかりますが、それなりに気分転換になります。

 

片付けをしているなかで、昔もらった手紙や日記などが出てきました。

整理する前に一読していると、昔の自分が鮮やかによみがえり、

恥ずかしい気持ちと懐かしい気持ちでいっぱいになりました。

日記

日々の生活に追われていると、目の前のことしか見えなくなりますが、

たまには過去を振り返って、これまでの自分を労ってあげるのも大事だな・・・と実感しました。

 

こぶし